【新人必見!】ラインが返ってこない?返信したくなるライン3つのコツ

「ラインのラリーが続かない」

「ラインの返信が途絶えてしまう」

 

このようなお悩み、多いのではないでしょうか?

本日は、恋愛心理学を元に返信したくなるラインの3つのコツをお話ししていきます\( ˆoˆ )/

あなたへの依存度が高まる、とても強力な効果のあるライン手法です。

また、今現在名古屋の某有名クラブで働いている友人にもリサーチしてきました

それでは、ラインレッスンを初めていきましょう!

 

私服の自撮りを送る

これは、ドレスじゃないことがポイントです!

仕事じゃない自分・プライベートの自分をあなたには見せます!と言うことをアピールしていきましょう。

ラインだからこそできるアプローチです。

 

  • パジャマ姿(すっぴんだからと顔を隠してもOK)
  • お出かけ前のおしゃれ姿
  • 服を買いに行って試着した姿

 

などを送りましょう。

 

また、写真の送り合いの約束も一つの手です!

「リンゴ好きだから、見つけたら写真を送り合おう!笑」

「〇〇くんパスタ好きだからパスタ食べに来た!」

 

など、写真日記をラインに送る約束をすれば、途切れにくくなります。

同じモノが好きだったり、同じ仕草をする人のことが気になってくるというミラー効果の応用ですね^_^

 

『あ』以外の一文字をおくる

これ、結構使えます!

「あ」意外の何か一文字を送ると、「なに?!」「何か送ることあったの?」と気になり、メッセージが届くことがあります!

そこで、「返信こないから返信してほしくって送っちゃった!さみしいよ〜」など、とにかく甘えるような一言を送りましょう。

これは、お客様のラインを整理する際に、まだ連絡のつくお客様なのかどうか?の確認にもなります。

相手に「無視して申し訳なかったな」「この子かわいそうだな」と思わせたら勝ちです!

どんどん可哀想な子を演じましょう!!

『この子は俺がいないとダメなんだ』こう思わせたら、彼はきっと素敵なお客様になってくれること間違えなしです♡

 

ボイスメモ

返信がどうしても来ない男性のお客様には、ボイスメモを使うのも一つの手段になります!

これは、名古屋の某有名クラブで働く友人からの最新情報です(^_-)-☆

 

「おはよ〜!なにしてるの〜?…さみしい!」

「おやすみ♡あしたもがんばってね!」

のように普通の挨拶程度の会話を送りましょう。

 

長押ししても何を話しているのか聞けないことから、気になって結構な確率で既読がつきますし、返信も返ってくることが多いそうです。

「どうしたの?」や「何それ?!」などのツッコミが来たらこちらのモノ!

「初めて使ってみた〜♡〇〇さんと話したかったんだもん!」

これでOKです^_^

※(1つ注意で、独身の男性のみに使用してください。大切な彼女がいる男性や、奥様のいらっしゃる男性には不向きの方法です。)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

意外とやることは単純です。

先日もお話し致しましたが、ホステスは当たっで砕けろ!です。

相手にもよりますが、まずはラインをしっかり自分から送ることが大切です。

しっかり連絡し、お客様の予定を着実に立てていきましょう。

『お客様への営業方法3選』のコラムも参考に♪

それでは今日もいってらっしゃい♪

ミツカルナイト