ホステス・キャバ嬢あるある『うざいお客様』への対応方法 ①

ナイトワークをしていると、いろいろな悩みが尽きません。

 

  • お客様のお触りの交わし方が難しい
  • お客様から告白された
  • お客様に無理難題を言われた

 

などなど、男女関係に関して特に難しく感じるホステスさんも多いのではないでしょうか?

このコラムでは、元No.1キャバ嬢である筆者がそんなウザいお客様』への対処法を解説していきます^^

今回は『おさわりが激しいお客様』への対処法です。

 

お触りが激しいお客様への対応は?

一定数、お触りの激しい上品でないお客様が存在することは事実。

ムカつく!という気持ちは置いておいて…これをうまく交わしてこそ、一流のホステスと言えるでしょう。

実際、お客様との関係性ができているのであれば、

「やめろ〜!」

「変態オヤジ!」

など、友達のような言い方もOKだと思います(実際筆者はこんな感じの強気なキャラクターでした(笑))。

 

ですが、お姉さんキャラ・かわいい新人キャラで仕事をしているホステスさんだと、軽い言葉であしらうことはなかなか難しい問題だったりします。

 

そんな時に使える最強の方法は『手を繋ぐ』ということです!

 

  • お尻を触ってきたら→背中の後ろで手を握る
  • 胸を触ろうとしてきたら→恋人繋ぎで2人の空間を作る
  • 足を触ってきたら→手を重ねておさえる

 

 

こんな感じで行うと、言葉で断ることなく『ドキッ』っとさせ、やめさせることができます。

もちろん「だめだよ〜」「いやだよ!」と伝えられる人は伝えてOKです。

心底ムカつく気持ち、とても共感します。

ただ、そういうこともうまくこなすことが仕事であるが故の高時給なお仕事なんです。

大丈夫、あなたならできます(^^)

 

※もしも、いやである趣を伝えた時、そこで怒るようなレベルの低いお客様は相手にする必要ございません!「私が悪かったのかな…」と気にしなくて大丈夫です!

今回は、伝え方を学び丁寧に伝えられるホステス接客方法をあくまでも参考としてお伝えしているまでです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「〇〇くんならわかってくれるよね?(上目遣い)」

「〇〇くんにしかこんなこと言えない!」

という特別感を手を繋いで伝えましょう。

以前の記事でも紹介した通り、特別であることに人は喜びを感じやすいです。

 

たくさん悩みの出てくるお仕事ですが、今後社会で通用するコミュニケーション能力やラインテクニックが身につく最強のお仕事です!

筆者も、ナイトワークの経験がなければ、たくさんのコラムで紹介しているようなたくさんの知恵や知識を身につけることは不可能でした。

気になった方はコチラからぜひホステスのお仕事相談をしてみてくださいね!

簡単に、メール・ラインから応募可能です(*^^)

それでは今日もいってらっしゃい♪

ミツカルナイト