お客様は教育する?高いお酒を頂くために知っておくべきこと①

 

「ボトルを注文してもらうのが苦手」

「売上の為に高いボトルを下ろしてもらいたい」

 

このように悩むホステスは少なくありません。

本日は、元No. 1キャバ嬢の筆者が、シャンパンをもらうためのテクニックをご紹介していきます。

 

まずは「相場」をつくる

 

お客様は、2つのパターンがあります。

 

①キャバクラの価格相場が分かっている、慣れた人

②指名すらしたことのない、新規の人

 

①の場合は、モエやカフェパリなどの安酒を煽ってはいけません。

初めから、高級ボトルを攻めるべきです。

 

②の場合は、まずは高級キャバクラ価格に慣れさせる必要があります。

この場合「まずはドリンク→モエなどのお値打ちボトル→1万円ずつ単価上げしたボトル」と言った流れでお酒をねだると効果的でしょう。

 

慣れたお客様に安いボトルはNG

 

通い慣れたお客様は、ボトルの相場をご存知はです。

その上で指名し、通うということは、あなたにその相場を払う価値があると感じたからです。

 

ですから、自分の評価を勝手に下げ「カフェパリで」なんて言ってはいけません。

高く売ることよりも、安いものを高く売ることの方がはるかに難しいす。

 

例えば、HERMESは高級ですが、みんなの憧れるアイテムとして大人気です。

しかし、100均アイテムが値上げで500円になっても買いたい!と思う人は多いでしょうか?

つまり、安い状態から値上げすることは難しいんです。

それならば、初めから高い女で売ってしまいましょう。

 

慣れてないお客様はじっくり育てる

 

通い慣れてないお客様は、じっくりと育てることを意識しましょう。

 

お客様は相場も、平均単価も分かりません。

初めから数万・数十万のボトルを頼んでしまうと引かれてしまいます。

徐々に、5000円・10,000円ずつ単価上げしていくことを意識しましょう。

 

「今日はモエ白が飲みたいな」

「今回はこの前モエ白だったからモエロゼがいいな!」

と言った感じです。

 

まとめ

 

まずは二つのパターンでねだり方を工夫しましょう。

次回は、ボトルの具体的な頼み方や、会話の誘導方法についてお話ししていきます。

それでは今日もいってらっしゃい♪

ミツカルナイト