店内で使える!小手先の営業トークテクニック3選

「かわいい!と言われるけど指名が増えない」

「なんであの子が!?といった子がNo1だ。」

 

このように悩むホステスは多いでしょう。

 

実際、筆者はNo1キャバ嬢でしたが、

「なぜ〇〇(筆者)が売れてるのかわからない」

「どうせ枕してるんだろう」

このように言われ続けていました(笑)

 

しかし、ここに誓って枕をしたこともなければ、何か特別なことをした覚えもありません

特に力を入れて行っていたことは「店内接客」です。

 

結局キャバクラ・クラブは「会話」がすべて!

 

売れてる人を観察してみてください。

継続的に売れているホステスは、全員、会話が本当に上手です。

本日は、小難しい話は参考になりませんから、小手先で使えるテクニックをご紹介していきます。

 

※店外などのテクニックに関してはコチラで解説しています↓

【売れる接客術】店外を求めてくるお客様への対処法

小手先の店内テクニック

 

①好きなタイプは「匂わせる」

好きなタイプを聞かれたとき、その相手のお客様のような人物像を例に出します。

例えば、少し太ったメガネの男性客だとした場合…

「好きなタイプはふっくらしてるかわいい感じ!あと、メガネ男子好き!」といった感じです。

 

思わず期待させてしまうさりげない一言を必ず添えます。

 

②意外とウブなアピール

とてもしっかり者で、きれいで美しいホステス。

しかし、高嶺の花だと思われすぎて、引かれてしまうことも。

 

  • 実はめっちゃ抜けてるエピソード
  • 天然エピソード
  • 男性経験が少ないエピソード

 

ちょっとウブで、人間らしい一面も出すと、より素敵な女性に見てもらうことができます!

 

③いつもと逆をする

例えば「イケメンのお客様には→顔をほめずに、持ち物や仕事をほめる」「ブサイクなお客様→かわいい瞳だね!など普段褒められていないところをほめる」といったように、他のホステスとは逆の行動をしてみましょう。

 

  • なんかこの子変わってて気になる
  • この子を振り向かせたい

 

男性の闘争心を湧き立てることができます♪

特に、イケメン男性は、顔よりも違うところをほめてあげるとかなり喜ばれますよ!

いつも顔や見た目で判断されて嫌なのは、イケメンも同じようです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

本日は店内の会話でのテクニックをご紹介してきました。

 

今からすぐに実践できる内容です。

ぜひ、フリー客にお試しください♪

結果は必ずついてきますよ!

 

今日も元気にいってらっしゃーい!

ミツカルナイト