実は味方?!行きつけのバーを作っておくのがおすすめな3つの理由

あなたは、行きつけのアフター先として、バーや飲食店をお持ちでしょうか?

実は、行きつけのバーやサパーを作っておくことは、売り上げに直結しているって知っていましたか?

本日は、行きつけのお店を作っておくべき理由を解説していきます。

 

行きつけのバーを作る理由

①助けてくれる!

バーやサパーの店員さんは、いわゆる同業者です。

だからこそ、お客さまを気持ちよくしてくれるし、楽しませてくれます。

アフターも、お店の時のように接客するのは本当に疲れてしまいますよね。

ですから、行きつけのバーや指名の人を見つけておき、お客さまをおまかせしちゃうというのは、一つの技なわけです。

 

お客さまがバーを気に入れば、余計に「〇〇ちゃん!今日あのこのお店行こうよ!」と誘ってくれたり、バーに行きたいからついでにお店に来てくれたり…なんてことも起こり得ます。

 

②お客さまをお任せできる!

「正直、この人のアフターは行きたくないな」

「明日昼職があるし、早く帰りたいな」

こんな時、ありますよね。

こういう時こそ行きつけのバーの登場です!

 

「〇〇ってお店すごくいいよ!」

「友達だからー!行ってみて!」

こんな感じでお店にお客さんを連れて行き、お店にお任せして、さよならできます(笑)

当時アフター嫌いで有名だった筆者は、よく、行きつけのバー3軒くらいにお客さまを放り込ませて頂いていました♪(笑)

適度に手を抜くことも大切です!!

 

③いつでも紹介できる!

自分のお客さまだけでなく、フリーのお客さまや、他のキャストのお客さまに「どこかいいところない?」と聞かれた時、すぐにご案内することができます。

「この子はよく知ってるな」

「楽しいところを紹介してくれてありがとう」

 

このように、感謝されやすいですし、今後の指名にも繋がって行きやすいです。

お店を知っているだけで、あなたの株はぐんと上がります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、行きつけのお店を見つけておくことは、一つの仕事の一環です。

初めは、先輩やお客様にご紹介してもらうのもOK!

まずは、いつでも行ける行きつけのお店を見つけてみましょう♪

それでは今日もいってらっしゃい!

※他にも接客術やライン術に関するコラムを発信してます↓

【おねだりの会話術】高級ボトルを下ろしてもらうために知っておくべきこと②