【虚言癖】ウソをつきがちなキャストやお客様を見抜く方法

 

 

「また〇〇ちゃんにお客様を取られた」

「〇〇さん、会社経営しているって聞いてたけど、ウソだったみたい」

 

このように、夜の業界にいると、ウソをつかれることが絶えません。

表ではいい顔をしていても、裏で大声で悪口を言われていたなんて経験は、誰しもが持っているのではないでしょうか。

本日は、信用しても大丈夫か判断できるようになるために「ウソの見抜き方」について徹底的に解説していきます。

 

ウソを見抜く3つのコツ💛

 

コツ①ウソが多い人の仕草

必ずしもこれに当てはまる場合、100%嘘つきと断定できるわけではありませんが、嘘つきには以下のような特徴があります。

覚えておいて損はないでしょう。

聞き役に徹し、相手をしっかりと観察してみてください。

 

  • ウソをついていると普段よりも「早口」になりやすい
    (もともと早口の場合は別)
  • ストレスを感じていたり、ウソをついていると「大きな声」になりやすい
  • ウソをつくタイミングで口調が変わる
  • 咳をしたりして、のどを潤す行動をとりがち
    (緊張によりのどが渇くため)

 

コツ②忘れたころに「辻褄(つじつま)」を確認してみる

「ねえ!忘れちゃったんだけど、〇〇さんの住んでるところって港区だっけ?」
(本当は新宿区って言ってたけど)

「〇〇ちゃんって、普段は何しているの?」
(この前看護師って言ってたけど)

 

といったように、ウソをついていそう!怪しい!と感じる相手には、カマをかけてみるのも1つの手です。

わざと間違えて聞いてみるのもよし。

何度も同じ質問を、数日後、数週間後にするのもよし。

嘘つきって、誰にどうウソついたか忘れてしまって、辻褄がどんどん合わなくなっていくんですよね…。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、ウソの見抜き方を参考にしていただき、信用に値しない人を信じてしまわないように、注意してください。

もちろん、あなたがお客様にウソをつかなければならないときにも、このようなわかりやすい行動をとらないよう、注意が必要です^^

悪用厳禁ですが、自分の身を守るために使用してみてくださいね。

 

それでは今日もいってらっしゃい★

※LINE術や接客術もコラムで作成しています↓

【新人必見!】ラインが返ってこない?返信したくなるライン3つのコツ

 

【新人必見】絶対読んでください!10分で場内指名をもらうコツ