【下ネタ術】エッチな会話を振られたときの返し方と対処法

非日常空間を演出し、癒しを提供する「キャバクラ」「クラブ」「ラウンジ」。

酔った勢いや悪ふざけで、お客様から下ネタを言われたり、エッチな会話を振られることは日常茶飯事です。

「下ネタを振られたとき、どう対応すればいいのかわからない」

「正直気持ち悪い……と思ってしまう」

このように悩むホステスは、少なくないのではないでしょうか?

本日は、下ネタ対処法や、うまいかわし方・返し方について徹底的に解説していきます。

お客様からの下ネタの返信方法

質問を質問で返す

下ネタ客

今日のパンツの色は何色なの?♡

ホステス

○○さんこそ何色ですか~?♡もしかしてTバック?♡(笑)

困った質問は、質問で返してしまいましょう。

一部のお客様の中には「キャバ嬢だからなにしてもイイ」と勘違いされている、マナーのない方もいらっしゃいます。

そんな時はテキトーでいいんですよ(笑)

「事務所NG」

下ネタ客

ねえねえ、○○ちゃん、おっぱい何カップ?見せて!

ホステス

見せたいのは山々なんだけど、事務所NGで……^^

困った質問に「事務所NG」はマジで使えます(笑)

他にも、写真を撮りたくないとき・住所を聞かれたとき・本名を聞かれたとき……などなど。

応用可能です!(^^♪

極端な回答をする

下ネタ客

Hの経験人数は何人なの?

ホステス

ん~100万人かな!

下ネタ客

おっぱい何カップ?

ホステス

Zカップだよ~♡

こんな感じで、テキトーに極端な数字を答えるのも一つの手です。

絶対ツッコまれるし、会話も広がりやすいです!

逆に、おっぱいが小さいキャラの場合は「−Aカップ」とかも◎

逆下ネタで話をずらす

下ネタ客

この後、アフターでラブホテル行こう!♡

ホステス

てかさ、わたし、ま〇こついてないんだよね!だからラブホ行っても意味ないよwww

これはちょっとハードル高めかもしれませんが、とにかく「はい!?w」ってツッコませることが大事!

応用編として頭に入れておいてもらえれば幸いです★

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下ネタのお客様は「テキトー」でオーケー(笑)

テキトーに返せば、テキトーにツッコんでくれます(笑)

よっぽどふざけたフリーのお客様であれば、黒服に言って、席を抜けさせてもらいましょう。

また「下ネタ言ったらドンペリ」「私に触れたらアルマンド」など、強気キャラで行くのもアリ(笑)

ぜひ、試してみてくださいね^^

フリー客の仕留め方についてはコチラを参考にしてみてください★↓

それでは今日もいってらっしゃい♪