【ホステスの憂鬱】ずっと通ってくれていた常連客が急に来店しなくなる理由

「常連のお客様が急にご来店されなくなった」

「常連のお客様から全然連絡が来なくなってしまった」

このように悩むホステスは少なくありません。

自分の常連客ができると、収入にも恵まれ仕事へのやる気も格段にUPします。

しかし、常連客が急に離れていくなんてことも、珍しくありません。

では、一体なぜ、急にキャバクラ通いをやめてしまうのか?を本日は、徹底的に解説していきます。

常連客が急にご来店されない理由

彼女ができた!結婚した!

本命の恋人が出来たり、大切な人と結婚したりすると、ぱたりと客足が遠のく傾向にあります。

しかし、フラれたり、喧嘩をしたりすると、また舞い戻ってくる可能性も。

連絡先は消さずに残しておきましょう。

また、LINEも年末年始のご挨拶や、相手の誕生日程度にとどめておくのが無難かも。

オチがないと気づいてしまった

「彼女と肉体経験になりたい」

「彼女と付き合いたい」

「彼女を口説き落としたい」

このように思って通ってくださる『ガチ恋客』も一定数存在します。

あなたの言動やLINEだけでなく、周りの影響や友人の説得により「オチがないな」と吹っ切れてしまった可能性があります。

しかし、男性は、好きだった女性を引きずるタイプも少なくありません。

割と毎日しつこくLINEをしていれば、戻ってきちゃったり……します♡

雑な扱いに気分を害した

人間は怖いもので、慣れが出てくると、だんだんと扱いや所作が雑になってしまいます。

常連のお客様に雑過ぎる扱いをしていませんでしたか?

筆者は、雑扱いをしていいお客様(雑扱いを喜んでいる)と、常連であるかな以下関係なく、丁寧な扱いをするお客様を分けていました。

常に分けられているので、必要以上に雑になることはありません。

『慣れた人=雑でいい』は甘えです。

送信したLINEに既読が付くのが遅かった

些細なことですが、LINEを頻繁に返せていますか?

LINEは本当に大切です。

もちろん、マメさを求めている人ばかりではないでしょうが、指名嬢からLINEが来て嬉しくない人はいません。

LINE、大事ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今一度、自分の接客やLINEを見直してみてください。

きちんとできていましたか?

常連客が離れるときは、あなたが自分の仕事の仕方を見直すチャンス!

せっかくなら、ここでもうひと踏ん張りしてみてください。

絶対売り上げは伸び続けていきます。

それでは今日もいってらっしゃい!