未収?つけ払い?売掛?これって必要?!「未収」を作ることのメリット【おすすめはしない】

「未収ってよくきくけどどうしてそんな制度があるの?」

「売掛ってなに?」

本日は、未収や売掛がある理由について解説していきます!

クラブではたまにみかける「売掛」「ツケ払い」。

実はこれをする理由があるようです。

女性の夜のお店には少ないですが、男性の夜のお店(つまりホストクラブ)にはよくみられる光景です。

しかし、実は売掛は『お金がないから』するわけではないそうです……。

では、一体なぜ売掛をするのでしょうか?

以下では、売掛について深掘り・解説していきます。

「売掛」「未収」「ツケ払い」なぜするの?

理由……それは『お金がないから』ではない

売掛をする理由、それはキャスト・プレイヤーのことを考えながら生活をさせるためです。

わかりやすいので、ホストクラブで例えてみましょう。

売掛のループ

①女の子が30万円の売り掛けをして、お酒を飲む

②入金日までに30万円を用意する

③入金日に30万円を渡しにいく

④その日もまた新しく売り掛けをして、お酒を飲む

このように、ループを自動的に発生させることができます。

また、②と③の期間は人によっては結構長く、1週間〜1ヶ月ほどの間があります。

その間ずっと30万のことを考えながら、生活したり働いたりするわけです。

つまり!何が言いたいかというと。

『キャスト・プレイヤー(つまりあなた)のことを考え続けながら生活させることが可能』であるということです。

ちょっとゾッとしますが……^_^

このようにするために、意図的に売掛をさせている売れっ子もいるわけです。

ちなみに、単に手持ちがなくて売掛される場合もあります(笑)

ですが、このように意図的に仕組んでいるキャスト・プレイヤーもいるわけです。

もちろん、売掛はない方が自分も安心ですし、飛ばれる危険性がありませんので、おすすめしているわけではありません。

しかし、このような策略があるということを知っておくことも大切かと思い、本日は解説してきました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

突き抜けた売れっ子ホステス・キャバ嬢になりたいなら、接客技術と作戦が必要です。

いろんなことを知っておくことで、話のネタにもなります。

ぜひ、今日知ったことを、フリートークのネタにしてみてくださいね^_^

それでは今日もいってらっしゃい★