【新人必見】ラインの適切な頻度は?相手の好みを探る方法

「LINEってどのくらいの頻度で送ればいいんだろう?」

「LINEって頻繁に必ず返すべきなの?」

このように悩むホステスは、少なくありません。

確かに、LINEを送っても返ってこなかったり、逆に頻繁にLINEを送ってきたり……。

どのタイミングで返すのが適切なのかは難しいですね。

そこで本日は、お客様別、LINEの適切な頻度と返信速度について徹底解説していきます^^

サクッと読んでいただける記事内容です。

ぜひあなたの営業活動の参考にしてみてくださいね~^^

LINEの適切な頻度と返信速度

LINEは、ただやみくもに送ればいいものではありません。

また、返信速度が早ければいいわけでもありません。

お客様のタイプによって分けるべきです。

既婚者のお客様

既婚者のお客様は、家庭があることがほとんどですよね。

そのため、夜中のLINEや休日のLINEは避けるべきでしょう。

相手が送信してくる場合は、返信してもOKです。

LINE交換の際に、タイミングをうかがっておくと良いでしょう。

電話は特にNGです。

返信が遅いお客様

返信がただただ遅い場合は、追いLINEをするのも◎

仕事や用事をするうちに、返信を忘れている可能性もあります。

LINEは、返信が来ることではなく、送ることに意味があります。

返信がないお客様

既読がついていてもいなくても、LINEを定期的に送ることが大切です。

上記でも話した通り、LINEは送ることに価値があります。

LINEを常に送っておくことで、お客様がどこか飲みに行こうと思ったときに「そういえば……。」と思い出してもらうきっかけが作れます

毎日とは言いませんが、週1あるいは月1で連絡を取っておくのが大切でしょう。

ガチ恋のお客様・脈ありのお客様

このようなお客様は、常に最優先に返信を返すのがよいでしょう。

「ぼくは優遇されている」

「大切にされている」

と思って頂くことが大切です。

このように、お客様によってLINEの頻度や速度を変化させると、お客様数も必ず増えていきます。

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように使い分けられれば、あなたの負担は減っているのに、お客様数はぐんぐん増えていきます。

不思議ですよね(笑)

ぜひ試してみてくださいね!

他にもミツカルコラムでは、たくさんのノウハウを発信しています!

ぜひチェックしてみてください♪

それでは今日も行ってらっしゃーい★