妬まれたらラッキー?意地悪なキャストを相手にしなくていい理由

「お店の女の子にすごい悪口を言われている」

「キャスト仲間に好かれない、いじわるされる」

このようなお悩みはありませんか?

わかります、筆者もなかなかキャスト間での交流ができず、いつも悩んでいました

どんな仕事でも、人付き合いってなかなか難しいものがありますよね。

でも、大丈夫です。

あなたはあなた。

他人は他人でOKです!

本日は意地悪なキャストを相手にしなくていい理由を徹底的に解説していきます。

意地悪なキャストを相手にしなくていい理由

理由①ただの妬み

意地悪なキャストは、あなたになぜ意地悪をするのでしょうか。

筆者はキャバ嬢時代、ドレスやアクセサリーを盗まれたり、しまいにはスニーカーを捨てられたこともありました(笑)

でもむしろ「あ、私売れっ子って認められたんだ」と『嬉しく』思うようになりした。

人が意地悪をしたいと思う理由、それは妬みです。

あなたは「人と違う!すごい人!」と思われているからこそ、意地悪されています。

むしろ誇りに思いましょう。

理由②レベルが低い

大概、意地悪をしてくるキャストのレベルは低いです。

接客態度・人との関係・性格、その他全てにおいて低レベル。

だから、相手にする必要もないんです。

あなたのレベルに見合ってないからこそ「ついてこれないんだな〜かわいそうだな〜」くらいに思ってしまいましょう!

こんなもんかと思っておけば、人に期待しなければ、裏切られることもなければ、無駄に悩むこともありません。

理由③仕事≠仲良しごっこ

あくまでキャバクラは、自由度が高いとはいえ仕事です。

もちろん楽しいに越したことはありませんが、仲良しごっこをしにきているわけではありません。

ですから、無理に仲良いキャストを作る必要はありません。

むしろ上辺でOKです。

ただし、ヘルプ要因になる仲良しを見つけておくと、売上が上げやすいのは事実。

当たり障りないコミュニケーションは大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし人間関係で悩んでいるのなら、それはやめてください。

あなたはあなた、他人は他人です。

気にする必要はありません!

今まで通り、思い切って仕事に励んでいきましょう♪

それでは今日もいってらっしゃい!