夜のお店の面接のコツはあるの?絶対に受かる面接術

「はじめての夜職!面接にコツとかあるの?」

「絶対このお店に受かりたい!受かる面接方法はある?」

このように悩むキャストは少なくありません。

・このお店は条件がいいから入りたい!

・憧れのこのお店で働きたい!

このように思った経験、筆者もございます。

では、夜職業会の面接にコツはあるのでしょうか?

絶対に受かりたい人には読んでほしい!夜のお店の面接のコツについて徹底的に解説していきます^ ^

サクッと読んでいただけるコラムになっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

夜のお店の面接3つのコツ

①まずは身だしなみ

夜職は、やはり自分が商品となるお仕事です。

そのため、身だしなみには十分気をつけましょう。

剥がれてしまったりかけてしまってるネイル、ほつれたドレスなんかは絶対絶対NGです!

・ネイル

・マツエク、マツパ

・ドレス、私服

・バッグ

・ヒール

・ヘアメイク

・メイク

・体型

これらが完璧であるかどうか、全身鏡でチェック致しましょう。

どれも十分でない限り、希望のお店に受かることは不可能だと考えてください。

②丁寧さ

夜職の面接はそこまでガツガツ、敬語きっちりしている必要はありません。

しかし、ラフすぎる女の子が多いため、丁寧に受け答えできる女の子は好印象を持たれます。

所作や仕草から話し方まで、細部にわたってお淑やかさ・丁寧さを意識しましょう♪

緊張する必要はないので、常に笑顔で話せることをアピールしていきましょう。

③常に愛想をよくする

入店から退店まで、どんなボーイさん、お掃除さんにも愛想を振りまきましょう。

「笑顔が素敵で好印象だな」

「愛想が良くて可愛らしいな」

こう思われる女性を演じることが大切です。

愛想や愛嬌があることで、めちゃくちゃ美人ではなくとも面接を通過できるなんて事例も少なくありません。

やはり見た目が大事な職業ですが、とっても綺麗な人でも愛想が良くなかったり、態度がデカい女の子はお店に好かれません。

ましてや、可愛くても面接に落ちる……なんてこともしばしば。

愛想を常によくすることで、プラスにつながりやすいですよ〜♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これら3つのコツを抑え、あなたの希望のお店に、ぜひ採用されてください!

売れっ子への道、これからも目指して頑張りましょう♪

それでは今日もいってらっしゃい!