お客様が切れそう……どうしたらいいの?

「太いお客様が切れてしまいそう……どうしたらいいの?」

「お客様がもうすぐ切れそう……対策はある?」

このように悩むキャストは、少なくありません。

お客様が切れそうだと、こちらのメンタルにも響いてきますよね。

無駄に悩んだり、落ち込んでしまうこともあるかと思います。

でも、安心してください。

大概の場合、あなたに入れ込んでいたお客様ほど切れません。

仮に切れたとしても、必ずまた、あなたに太いお客様ができます!必ずです!

本日は、太いお客様が切れそう……どうしたらいいの?というお悩みにお答えします。

サクッと読んでいただけるコラムになっています!

ぜひ最後までご覧いただき、あなたの営業方法の参考にしてみてくださいね♪

お客様が切れそう……どうしたらいいの?

①無視でOK!

切れそうなお客様は、ほっておけばOKです!

あなたに入れ込んでいたお客様は、それだけあなたのことが好きだったということ。

そう簡単にプツンと切れる関係ではないはずです。

ですから、そこまで気にしなくてOK!

ただ、もちろん本当に切れてしまうこともあるでしょう。

しかし、そこまでだっただけのこと。

お金が底を尽きたなら、そもそも相手にする必要もないです。

もし、ただただ切れてしまっただけだとしても、必ずまた新しい太いお客様ができます。

不安になったり、落ち込む必要はないのです。

②絶対に下手になるのはNG

切れそうだからと言って、下手になるのもNG。

関係性が戻ったとしても、相手が上の立場になってしまっては、これまで通りの良い関係を築けるはずがありません。

だからこそ、下手に出るのはNGです。

無理は禁物ですよ!

③こちらから喧嘩をふっかけるのはNG

よく、切れそうだからと言って「言いたいことを言ってやる!」と、これまでの鬱憤や悪口をお客様に当てつけるキャストがいます。

これまたNG。

関係性が戻ることはないし、戻ったとしても、結果切れるきっかけになり得ます。

また、あなたはプロのはず。

意図した喧嘩ならまだしも、切れそうな時に喧嘩をふっかけるのは間違いです。

どんなにむかついても、怒りを当てつけるのはやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、お客さまは切れても、必ず戻ってくるか、新しいお客様が必ずできます。

ですから安心してください。

間に受けすぎず、今やるべきことを全うしてくださいね。

それでは今日はこの辺で!

今日も元気にいってらっしゃーい!!