【新人必見】同伴の誘い方は?ホステスから自然にアプローチする方法を元No.1キャバ嬢が伝授!

「同伴への誘い方がわからない」

「同伴にうまく誘い出すことが出来ない」

このように悩むキャバ嬢は少なくありません。

同伴に自然な流れでスムーズに持っていくのは、確かに高度な技術。

筆者も、同伴に誘い出すのは得意ではありませんでした。

しかし、お店のポイントやノルマにより、同伴せざるを得ないのも事実ですよね。

そこで今回は、同伴への自然な誘い方について、徹底解説していきます。

サクッと読んでいただける記事内容になっています。

ぜひ最後までご覧いただき、あなたの営業の参考にしてみてくださいね。

様々な同伴への誘い方

その①店外=同伴という位置づけをする

お客様に「ご飯行こ」「お買い物しよ」と誘われたら必ず、「わーい同伴GET!」「嬉しい!同伴ポイント足りなくて」と反射的に返すようにしておきましょう。

『店外=同伴」であることをお客様に分からせることが大切です。

その②お店で決める

ホステス「何食べてきたの~?」

お客様「銀座の○○ってとこだよ~^^」

ホステス「へ~!おいしそう!私グルメにハマっていて……(´・・`)」

お客様「今度一緒に行こうよ!」

ホステス「え!いいんですか?いつ空いてますか??18時半くらいからいけたらいいなあ^^」

みたいな感じ。

お店にご来店された際、次のごはんの約束をしてしまうのが手っ取り早いです。

もちろん、同伴ですよ!という言葉を織り交ぜてもOK。

ボランティアをする必要はありませんから。

その③新人は「はじめて……」を利用する

お客様「○○ちゃん、今度デートしよ!」

ホステス「もしかして!同伴ですか?嬉しい!一度も同伴をしたことがなくて……!○○さんが初の同伴相手だったら安心していけます!いつにしますか?」

みたいな感じ(笑)

これは新人のときしか使えない裏技なので、新人のうちに何度も使っちゃいましょう(笑)

結局男性は「はじめて」に弱かったりします。

あなただから!あなただけ!など、特別感のアピールを忘れずに。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

特に通い慣れているお客様は、女性が同伴に誘いたいことを分かっています。

もちろん指名につなげたいことも理解しています。

ですから、裏でコソコソするのではなく、素直に直球で伝えるのが一番です。

しっかりと同伴を組んで、楽しいキャバクラライフを過ごしてくださいね♪