キープボトルが残り1/10に!あなたならこのお酒、どう扱いますか?【売れっ子の極意】

(あ……ボトルがもう少しで空になりそう……!)

(こういう時ってどうするべきなんだろ〜?)

このように悩んだ経験、一度はあるのではないでしょうか?

このような場合の対策、知りたくないですか?︎(*_*)

特にキープボトルである、焼酎やウイスキー・ブランデーがあと少し!こんな時の対応方法について、経験者である元No. 1キャバ嬢の筆者が解説していきます♪

取り扱い方を覚えて、お客様の心を掴んでくださいね★

残り僅かのキープボトル……どうする?

対応方法①気づかぬふり

一つ目の方法は、お客さまが気づくまで待つ方法。

どんなお客さまにも使える無難なテクニックです。

対応方法②注ぐタイミングで「あっ!」

お酒を注ぐタイミングで「あ!もう少ししかない。頼んじゃってもいい?」「追加で何か頼んでおきますか?」など、気を利かせて話している風に持っていくと◎

対応方法③ボーイさん・ヘルプにお願い

ボーイさんやヘルプにお願いして、ボトルのおねだりをしてもらうのも吉。

女の子の株が下がりにくく、おねだりの苦手な女の子向きの対処法です。

そのためにも、仲のいいボーイさんやヘルプは作っておくべきと言えますね♪

対応方法④オラ営ならオラつくのみ(笑)

強めの営業やオラ営をしているなら、少ないと思った時点で「同じの」と頼んでしまうのも一つの手です。

なにかいわれたら「いいでしょ?」「私が飲みたいから足りない」など上からでコメントすると◎。

こういうのが好きなお客様も稀にいるんです(笑)

もちろん、初めましてのお客様にこれはNGなので要注意ですよ!!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

残り僅かのボトルの扱い方を意識して行うことで、お客様との関係性も必ず変わってきます!

良い関係を築けるように、意識していきましょうね!

それでは今日も行ってらっしゃーい♪