【売れたいなら必読】底辺キャバ嬢に共通するポイントを知り、売れない原因を排除しよう!

「売れたい!売れてないキャバ嬢の特徴ってどんなものがあるの?」

「売れるにはどうしたらいい?」

このように悩むホステスは少なくありません。

売れたいなら、売れてない人がやっていることをやめればいいだけ!

そこでこの記事では、売れるために、『売れていないキャバ嬢(底辺キャバ嬢)』に共通するポイントをピックアップしました。

ぜひ、あなたの接客の参考にしてみてくださいね。

底辺キャバ嬢あるある

あるある①テーブルマナーが皆無

・タバコに火をつける

・グラスの水滴を拭く

・灰皿交換

・空ドリンクの注文

このような、基本的なテーブルマナーができていません。

こんなの論外ですね。

あるある②ネガティヴ

実際ネガティヴでもいいです。

どちらかといえば、筆者もかなりネガティヴ思考です。

でも、お客さまの前で、基本的にネガティヴを出してはいけません。

仲の良いお客様なら別ですが、まだフリーの段階で暗いのは絶対ダメ。

あるある③ポーカーフェイス

笑顔がないのは論外。

笑う門には福来るとはよく言ったものですが、無理にでも笑顔を作ることで、明るい空気を作り出すことができるはずです。

お客様の前では、できるだけ笑顔でいられるようにしておきましょう。

あるある④人のせい

お客様ができないのはボーイのせい、売上が上がらないのはヘルプのせいなど、なんでも人のせいにする人、結構います。

人のせいにしている人で、売れている女の子を見たことがありません。

あるある⑤売れないキャバ嬢同士で連む

売れてないホステス同士での悪口合戦。

これまたあるあるですね。

誰とも連むなとはいいませんが、無意味な愚痴大会はやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

売れるためには、売れてない人の真似をすること!

あなたならきっとできるはずです!

応援しています♪

それでは今日もいってらっしゃい〜★