【営業LINE】既読がつかない…返信が来ない!でもブロックされてない。どうしたらいい?

「メールやLINEの返信が返ってこない…どうしたらいいの?」

「返信は返ってこないのに、ブロックはされてない…なぜ?」

このように悩むホステスやキャバ嬢は少なくないのではないでしょうか?

男性の中には、あえて既読をつけなかったり、既読をつけて放置したりと様々なお客様がいらっしゃいます。

いったいなぜ既読をつけるのに返信してくれないのでしょうか?

どうして既読がつかないのにも関わらず、LINEをブロックしていないのでしょうか?

これはお客様だけでなく、身の回りの一般男性にもこんな人、いるのではないでしょうか?

本日は、返信が来ないLINEの理由と対策を解説していきます。

LINEの返信が来ない…理由と対策

営業として流している

営業として流している、営業だしお金がないから行く気もない…みたいなお客様が7割・8割といったところでしょうか。

そもそも好きじゃないけど連れてこられている人もいますし、1回目で安かったから来ただけのフリー客も多いです。

リピートする気もないし、お金もない。

だから営業と流している人がほとんどでしょう。

ただし、この7.8割の中のたった数%ほどに「キャバクラにハマってしまいやすい女慣れしていないお客様」や「お金持ちでハマったら超アツいお客様」なども混ざっているんです。

でもそれは、ハマってみないと誰にもわからない。

だから、どんなに無視されても送り続けることが大切とも言えるわけです。

なぜ消さない?

LINEの既読もつかないのにブロックをしないお客様、結構多くないですか?

もう来ないはずなのに、特にこちらにハマっている様子もないのに、消されないLINE。

不思議ですよね。

筆者の男性知人から聞いた話なのですが、全然モテない男友達が「キャバ嬢からたくさんLINEが来ること」に喜んだ様子を見せていた…ようです。

みんなに自慢する人は稀かもしれませんが、心の中で「俺はモテるんだ」「こんなにLINEが来るんだ」という自信を持つために残しているのかも…?しれませんね(笑)

キャバ嬢からしたらむしろブロックしてくれたら、送らなくて済むので楽なのですがね!(^^)v

対策:めげずに自分ルールで送り続ける

対策は、とにかくめげずにLINEを続けること。

それに尽きます。

自分のルールを作っておくと頑張りやすいです。

例えば筆者はこんなルールの中続けていました↓

・1ヶ月以上未読が続いたらブロックする

・先輩の枝のお客様には一生送り続ける

・一度でも指名で来店されたお客様にも送り続ける

みたいな感じです!

続けやすいルールを作成してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

LINEでのやり取りは本当に面倒ですよね。

無理せず、でもマメに!めげずに送ればきっと売れっ子キャバ嬢への道は開けるはず!

一緒に頑張っていきましょうね!

それでは今日もいってらっしゃい♪